住宅ローン控除の金額について

住宅ローンの控除を利用して所得税を減らしたい方は多いと思います。住宅を購入したり、新築したり、増改築をして入居した年によって、どれぐらいの控除がなされるのかは変わってきます。取得した住宅が長期優良住宅であり、平成24年に入居した場合であれば、ローンの控除額は30~40万円です。10年間での上限が300万から400万円と、上限の金額が異なっています。平成25年の入居で、同じように長期優良住宅の場合には、年間の住宅ローン控除の金額が20万から30万円となっています。上限の金額も変わり、控除を受けることのできる金額は10年間で200万円から300万円です。住宅ローン控除で減税がなされる期間は、入居した年からむこう10年間までと決まっており、ローンの借入期間とは無関係です。控除対象となるのは長期優良住宅だけではありません。取得した住宅が低酸素住宅であれば、特別優遇措置を受けることができます。低酸素住宅とは、建築・居住・破棄にあたって、二酸化炭素の排出が少なくなるよう作られた住宅です。東日本大震災の発生に伴って、電力の供給低下が問題になりましたが電力を補う為に促進されているものです。低炭素住宅というのは、知らない人もたくさんいるようです。こうした低炭素住宅のようなものは社会全体の省エネにも役立つ環境負荷の少ないものですので、住宅ローン控除の対象とすることで普及が促進されているのです。

このブログ記事について

このページは、jp-wpが2013年7月16日 05:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「転職サイトとハローワークの活用」です。

次のブログ記事は「芸能人のダイエット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7