2014年1月アーカイブ

お腹のたるみ改善

年をとるにつれてお腹がたるみ、改善の方法を探す人は少なくありません。若い頃は体型に自信があったという人でも、30代を過ぎると徐々にお腹に脂肪がついてたるみが目につくようになってきます。たるみが目立つようになったお腹を元のように引き締めることはなかなか大変です。お腹周りにたるみができるということは間違いなく運動不足でありカロリーオーバーです。どうしたらお腹のたるみを改善することができるのでしょうか。お腹のたるみを引き締めるためには、カロリー制限をすることや、筋肉をつける運動をして代謝を高めることが大事になります。食事制限だけのダイエットでは筋肉が落ちてしまい、たるみを改善することはできません。食事を減らして体重を減らしても、脂肪が体に留まってプロポーションはよくなりません。筋トレを女性がした場合に、男性の体つきのようなごつさが際だつ心配はまずありません。ボディバランスを整えるために筋トレをするならば、そのつもりでトレーニング内容を決めることで効率的なたるみの改善が可能です。お腹まわりのたるみ改善に効くエクササイズにドローインというものがあります。腹部のインナーマッスルを強化する呼吸法で、腹と背骨をくっつけるようなイメージで腹筋を使うのがドローインの呼吸法です。どんなときでもドローインを意識することでお腹のたるみを改善することができるでしょう。

リフトアップ

顔を引き締めてタルミ取りをするという方法があります。加齢などで顔の皮膚にタルミが出てくると、ほうれい線が目立つようになったり、口角が下がって年老いて見えます。タルミが目立つ印象になった頃には、思った以上に皮膚がたるんでいるものです。レーザー照射や、タルミがある部分への美容注射は、タルミがまだ少ない頃には有効な手段だといいます。ある程度タルミの症状が深刻になると、レーザーや注射では及ばなくなります。顔のタルミがひどくなってしまったら、レーザーや注射による方法では無くリフトアップと呼ばれる方法が適しています。リフトアップには、糸を皮膚に通す施術やメスを使った施術方法があります。金の糸、フェザーリフト、ヴィーナスリフトと呼ばれる施術方法があります。時間が経過すると溶ける糸や、こぶがついた糸を皮膚に通し、上に引っ張り上げることによってタルミ取りを行うという美容整形手術です。メスを使わないことが、糸を使う施術のメリットです。施術後のダウンタイムが短く、入院なども不要で、施術をした日からシャワーを浴びたりできることが魅力的です。美容施術を受けたことを周囲の人に知られたくないという人は、次の日からメイクもできて普段どおりの生活ができることは魅力です。もしも痛い手術はイヤだという人がいても、部分的な酔をした上で切開せずに手術をするので、安心できます。美容整形に抵抗感がある人でも、比較的受け入れやすい方法となっています。リフトアップに使用されるタルミ取り用の溶ける糸というのは、1年ほどで溶けて無くなります。しかし、糸の周辺ではコラーゲンやヒアルロン酸の生成が活発になる為、糸が溶けた後でもしばらくはタルミ取りの効果を期待することができます。

医療レーザー

医療レーザーで脱毛をする人は少なくないようです。以前は、針を使った電気脱毛が脱毛のメインでした。近年では、医療レーザーや特殊なフィルターを通した光を使う脱毛施術が多いようです。医療レーザーが電気針にとって変わったのは、どういった事情があるのでしょう。1本ずつのムダ毛に電気を通し、毛根にダメージを与えるのが電気針を使う脱毛の方法で、時間もかかり、痛みもある方法でした。だんだんと痛みの少ない方法であるレーザーや光脱毛へと移行していきました。医療レーザーと光による脱毛の違いは何でしょうか。医療レーザーによる脱毛方法は、黒色に反応するレーザーを使い必要な部分に照射する事で、毛根の幹細胞を変形させて脱毛します。光脱毛では、特殊なフィルターを通した光を皮膚に照射することで、医療レーザーと同様に毛根に働きかけ、毛の再生をストップさせるというものです。光の場合は出力がレーザーほど強くないことから、肌への刺激が少なく済みます。医療レーザーには医療レーザーの利点があり、光には光の利点があるため、どちらがよりよいと言い切ることはできません。脱毛施術を受ける時には、事前に情報収集をした上で納得のいく方法を選びましょう。選ぶ前にひとつだけ覚えておいて欲しい事は、医療レーザーは医師などの資格がある人のみしか施術する事ができない医療行為の一種です。医療レーザーではなく光脱毛は施術をする為の資格があるわけでは無いので、施術を担当する人の知識や技術に差があるのは事実のようです。

食事で健康的

健康にも美容にもいいダイエットをすることが、体重を減らすときの理想です。体に負荷をかけすぎずに、健康にいいダイエットをするために気をつけたいことは何でしょう。健康的なダイエットのために大事なのはやはり日々の食生活の改善です。食事の内容を見直すだけでかなり健康的なダイエットができるといいます。ダイエットをして健康になるためには、脂肪をつけないような生活をすることが大事です。相撲の世界では1日2食が普通だそうですが、相撲の伝統で体脂肪を増やすための知恵だといいます。食事の補給がしばらく続かないと、人間の体はその環境に耐えやすくなるように、口にしたカロリーは少しでも多く皮下脂肪にしようとします。健康的なダイエットのためには、1日3食をしっかりと食べることが大切です。食事のたびに心がけたいのは、腹八分目で食べるということです。ご飯の量やおかずの量を減らすことによって、腹八分目の食事でも十分楽しむことができます。低カロリーの食事を2~3週間継続することによって満腹感が高まりますので、健康にいいダイエットになります。食後しばらくすると甘いものが食べたくなったりすることがあります。5分間だけ別のことをするなどして、我慢しましょう。少ないカロリー量で、お腹がいっぱいになるダイエットが、望ましいものと言われているようです。野菜やこんにゃく、キノコ類などを多めに摂り、油脂類や洋菓子などはなるべく避けましょう。ダイエットをするならまずご飯を減らすという考え方もありますが、間食を減らすにはある程度腹に溜まるご飯がおすすめです。健康的なダイエットを成功させるためにも、毎日の食事で太らない食習慣を意識してみましょう。

冬の肌ケア

1年じゅう、いつでも肌ケアは必須のことですが、冬にしなければならない肌ケアとは何でしょうか。冬場、特に気になるのはお肌の乾燥ではないでしょうか。寒い時期は温度や湿度も低くなるため、肌が必要としている水分が蒸発し、肌の乾燥や小じわの原因になります。冬には欠かせない暖房も肌の乾燥を促進します。冬の肌ケアのポイントは乾燥をいかに防ぐかということではないでしょうか。乾燥対策には、肌の保湿が大事です。風呂上がりや洗顔の後は肌が乾燥していますので、まずは保湿をしてください。数分間の間にも肌の水分はどんどん逃げて行ってしまいます。洗顔後はたっぷりと化粧水をつけて肌に水分を補いましょう。しっかり保湿をしたら、クリームや乳液でフタをして、これ以上肌から水分が逃げていかないような状態にすることも必要になります。まずは化粧水、次に乳液を使うというスキンケアが大事です。洗顔をすること自体が肌の乾燥を招くことになりますので、冬は特に顔を何度も洗いすぎないことが大事です。顔を洗うときに使う水はぬるま湯を使うことで、皮膚にちょうどいい洗い方ができます。体の内側がら肌の乾燥を防ぐためにも、ビタミンAのサプリメントを摂るのも冬の良い肌ケアになります。ビタミンAは、お肌の皮脂分泌をコントロールする成分です。体の外側と内側両方からしっかりと肌ケアをすることが冬の乾燥肌を防ぐポイントだといえるでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7