リフトアップ

顔を引き締めてタルミ取りをするという方法があります。加齢などで顔の皮膚にタルミが出てくると、ほうれい線が目立つようになったり、口角が下がって年老いて見えます。タルミが目立つ印象になった頃には、思った以上に皮膚がたるんでいるものです。レーザー照射や、タルミがある部分への美容注射は、タルミがまだ少ない頃には有効な手段だといいます。ある程度タルミの症状が深刻になると、レーザーや注射では及ばなくなります。顔のタルミがひどくなってしまったら、レーザーや注射による方法では無くリフトアップと呼ばれる方法が適しています。リフトアップには、糸を皮膚に通す施術やメスを使った施術方法があります。金の糸、フェザーリフト、ヴィーナスリフトと呼ばれる施術方法があります。時間が経過すると溶ける糸や、こぶがついた糸を皮膚に通し、上に引っ張り上げることによってタルミ取りを行うという美容整形手術です。メスを使わないことが、糸を使う施術のメリットです。施術後のダウンタイムが短く、入院なども不要で、施術をした日からシャワーを浴びたりできることが魅力的です。美容施術を受けたことを周囲の人に知られたくないという人は、次の日からメイクもできて普段どおりの生活ができることは魅力です。もしも痛い手術はイヤだという人がいても、部分的な酔をした上で切開せずに手術をするので、安心できます。美容整形に抵抗感がある人でも、比較的受け入れやすい方法となっています。リフトアップに使用されるタルミ取り用の溶ける糸というのは、1年ほどで溶けて無くなります。しかし、糸の周辺ではコラーゲンやヒアルロン酸の生成が活発になる為、糸が溶けた後でもしばらくはタルミ取りの効果を期待することができます。

このブログ記事について

このページは、jp-wpが2014年1月 7日 14:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「医療レーザー」です。

次のブログ記事は「お腹のたるみ改善」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7